2014年09月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビル・ゲイツの名言



ウィリアム・ヘンリー・"ビル"・ゲイツ3世(William Henry "Bill" Gates III、1955年10月28日 - )は、アメリカ合衆国の実業家。マイクロソフト社の共同創業者・元会長・顧問、ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同会長。カスケード・インベステメント最高経営責任者、コービス会長、bgC3共同創業者、マイクロソフトリサーチ共同創業者

称号はイギリス女王より名誉騎士(名誉大英勲章ナイト・コマンダー)、早稲田大学及び立教大学より名誉博士を贈られている。シルバー・バッファロー章、アメリカ国家技術賞も贈られている。

ロバート・ゲーツと同姓だが、日本語での表記は慣用的に「ゲーツ」ではなく「ゲイツ」とされることが多い。身長は178cm。

スポンサーサイト

御木本幸吉の名言




御木本 幸吉(みきもと こうきち、安政5年1月25日(1858年3月10日) - 1954年(昭和29年)9月21日)は、日本の実業家。真珠の養殖とそのブランド化などで富を成した人物である。御木本真珠店(現・ミキモト)創業者。真珠王とも呼ばれた。

ジョン・ロックフェラーの名言

IMG_0259[1]


ジョン・デイヴィソン・ロックフェラー・シニア(John Davison Rockefeller, Sr、1839年7月8日 - 1937年5月23日)は、アメリカ合衆国の実業家、慈善家。スタンダード・オイルを創業し、同社は石油市場を独占し、アメリカ初のトラストを結成した。石油業界を変革し、現代的フィランソロピーの構造を定義した。1870年にスタンダード・オイルを創業したロックフェラーは、積極的な経営を行い、1897年には事実上引退した。スタンダード・オイルはオハイオ州にて、ロックフェラーと弟ウィリアム・ロックフェラー(英語版)、ヘンリー・フラグラー(英語版)、ヤベツ・A・ボストウィック(英語版)、化学者サミュエル・アンドリュース(英語版)、そしてサイレント・パートナーのスティーヴン・V・ハークネス(英語版)によって創設された。ケロシンとガソリンの需要の高まりと共にロックフェラーの富も膨れ上がっていき、アメリカ人初の10億ドルを越える資産を持つ人物となった[2]。インフレーションを考慮すると、史上最高の富豪とされることもある。

引退後40年間生き続け、その間資産の大部分を慈善活動の現代的かつ体系的アプローチの構築に費やした。そのため、医療・教育・科学研究促進などを目的とした財団を創設した。

彼が創設した財団は医学研究を推進し、鉤虫症や黄熱病の根絶にも貢献した。また、シカゴ大学とロックフェラー大学を創設し、フィリピンにセントラル・フィリピン大学(英語版)の創設資金を提供した。また、熱心なバプテスト信者であり、生涯に亘って米国バプテスト同盟を支援した。また、酒もタバコも全く嗜まなかった。

井深大の名言



井深 大(いぶか まさる、1908年4月11日 - 1997年12月19日)は、日本の電子技術者および実業家。

盛田昭夫とともにソニーの創業者の一人。

伊庭貞剛の名言




伊庭 貞剛(いば ていごう、1847年2月19日(弘化4年1月5日) - 1926年(大正15年)10月22日)は、近江国出身の明治時代の実業家、第二代住友総理事である。
「別子銅山中興の祖」と言われ、「東の足尾、西の別子」と言われた、住友新居浜精錬所の煙害問題の解決にあたった。植林など環境復元にも心血を注ぎ、企業の社会的責任の先駆者とも言われている。
近江源氏佐々木氏支流伊庭氏の一族。

ヘンリー・フォードの名言



ヘンリー・フォード(Henry Ford 、1863年7月30日 - 1947年4月7日)は、アメリカ合衆国出身の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者であり、工業製品の製造におけるライン生産方式による大量生産技術開発の後援者である。フォードは自動車を発明したわけではないが、アメリカの多くの中流の人々が購入できる初の自動車を開発・生産した。カール・ベンツが自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はヘンリー・フォードとなる。T型フォードは、世界で累計1,500万台以上も生産され、産業と交通に革命をもたらした。フォード・モーターの社主として、世界有数の富豪となり、有名人となった。安価な製品を大量生産しつつ労働者の高賃金を維持する「フォーディズム」の創造者である。フォードはまた、消費者優先主義が平和の鍵だというグローバルなビジョンを持っていた。体系的なコスト削減を強力に推進し、多くの技術革新やビジネス上の革新をもたらした。例えば、北米全土および世界の主要都市にフランチャイズシステムによる販売店網を確立した。遺産のほとんどをフォード財団(英語版)に遺したが、遺族がその組織を恒久的に運営できるよう手配した。

第一次世界大戦のころには平和主義を主張したことで知られているが、『国際ユダヤ人(英語版)』という書籍を出版するなど反ユダヤ主義者としても知られている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。