樫尾忠雄

カテゴリ:樫尾忠雄 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樫尾忠雄の名言



樫尾忠雄とは、カシオ計算機株式会社の創業メンバーのひとりである。1917年(大正6年)、高知県生まれ。国内電子機器業界ではあまりに有名な「樫尾四兄弟」の長兄として、創業当初からカシオを牽引してきた人物として知られている。

樫尾忠雄5歳の頃、樫尾家は、東京で働いていた叔父に誘われて一家で上京した。忠雄は高等小学校を卒業したのち、家計を助けるために見習いの旋盤工として働き始める。そこで腕の良さが認められ、工場主の勧めもあって、働くかたわら早稲田工手学校(現在、早稲田大学)に通学するようになる。早稲田で修めた技術と知識をもとに、軍需工場などの職場を幾つか経験し、鍋、釜、自転車の発電ランプなどの作製を営んでいた。そのうちに、卓越した技能と創造性が評判となって、周囲にすっかり知れ渡るようになる。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。